本文へ移動

法人概要

概要

名称
社会福祉法人成光苑 
所在地
〒566-0001 大阪府摂津市千里丘3丁目16-7
電話番号
06-6330-3776
FAX番号
06-6388-9551
代表者
理事長 高岡 國士
設立年月日
昭和25年 4月
業務内容
保育園   6施設
幼保連携型認定こども園   1施設
高齢者施設   6施設(大阪・京都府)
単独型デイサービス   4施設
ケアハウス   2施設 
小規模多機能   1施設  他
職員数
職員数 867名(平成29年4月現在)
高齢者・障がい施設 663名
保育所 202名

法人パンフレット

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。

沿革 (平成29年4月現在)

昭和25年4
千里丘保育園として認可
昭和32年4月
財団法人千里丘愛育園(定員90名)として法人認可
昭和49年7月
財団法人千里丘愛育園を社会福祉法人成光苑に組織変更
昭和50年7月
経費老人ホームB型岩戸ホーム開設
昭和50年10月
第二愛育園(定員90名・3歳未満児)を開設
昭和52年5月
正雀愛育園(定員90名)を開設
昭和54年4月
特別養護老人ホーム岩戸ホーム(定員50名)を開設
平成3年4月
社会福祉法人聖会と吸収合併認可 一津屋愛育園(定員60名)
平成8年4月
特別養護老人ホームサンヒルズ紫豊館を開設(定員50名)
デイサービスセンター併設
平成12年3月
訪問看護ステーションいわと開設
平成13年4月
くるみ愛育園(定員30名)を開設
くるみ愛育園定員変更(定員45名)
平成14年4月
きりん夜間愛育園(定員30名)を開設
平成16年1月
特別養護老人ホーム高槻けやきの郷(定員100名)を開設
デイサービスセンター等併設
平成16年4月
千里丘愛育園増改築(定員150名)
平成19年4月
第二愛育園改築(定員120名)
平成19年10月
千里丘愛育園定員変更(定員180名)
平成20年4月
特別養護老人ホーム吹田竜ヶ池ホーム(定員50名)を開設
デイサービスセンター(一般型、認知症対応型)等併設
大阪府高齢者向け優良賃貸住宅 竜ヶ池ハウス(24室)併設
平成20年11月
小規模特養 ライフステージ舞夢(定員29名)を開設
グループホーム(定員18名)等併設
平成20年12月
認知症対応型通所介護 高槻けやきの郷(定員12名)を開設
平成22年4月
一津屋愛育園増改築(定員120名)
平成22年10月
第二愛育園分園(ひよこ園:定員15名)を開設
平成23年4月
大阪市立東生野保育所(定員100名)を受託運営
平成24年3月
認知症対応型通所介護 寿みのりの郷(定員12名)を開所
平成24年9月
きりんヘルパーステーションを開所
平成24年11月
認知症対応型通所介護 デイ・ホーム 和夢(定員12名)を開所
平成25年4月
正雀愛育園増改築(定員140名)
平成25年4月
第二愛育園定員増(定員160名:本園145名、分園15名)
平成25年7月
軽費老人ホーム岩戸ホーム改築、サポートハウスいわと(定員50名)開設
平成26年4月
摂津市立せっつ桜苑(定員54名)を民間移管
平成26年4月
正雀愛育園定員増(定員150名)
平成26年4月
くるみ愛育園保育ママ事業を小規模保育園(定員15名)に変更
平成26年6月
第二愛育園分園うさぎ園(定員20名)開設
平成27年4月
正雀愛育園を認定こども園に移行
平成27年4月
くるみ小規模保育園定員増(定員19名)
平成27年4月
第二愛育園本園定員増(定員160名)、分園ひよこ園(定員15名)廃園
平成27年4月
千里丘愛育園分園ひよこ園(定員20名)開設
平成28年4月
障がい福祉施設ココリス(生活介護10名、児童発達支援10名)開設
平成28年7月
第二愛育園本園定員増(定員200名)
平成29年4月
大阪市立東生野保育所(定員120名)を民間移管し、東生野愛育園に名称変更
平成29年4月
障がい福祉施設ココリス(放課後等デイサービス10名)開設

交通アクセス(成光苑法人本部)

住所:〒566-0001 大阪府摂津市千里丘3丁目16-7
アクセス:JR京都線 千里丘駅  徒歩約8分 
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
0
0
8
4
2
社会福祉法人成光苑 
多機能型事業所 ココリス
〒566-0043
大阪府摂津市一津屋1丁目35-22
TEL.06-4862-5922
FAX.06-4862-5923
1.生活介護
2.放課後等デイサービス
3.児童発達支援
TOPへ戻る